【目回復】疲れ目対策

疲れ目はどうしておこるのか

目の疲労はよく眼精疲労と呼ばれていますね。または「疲れ目」として表現されます。
この疲れ目は、パソコンを長い間使う仕事のひとにとっては、まさに「職業病」ともいえる病気でしょう。かくいう私も、長い間疲れ目に悩まされています。
「私は事務仕事でないから大丈夫」と思って安心するのはちょっと危険です。というのも、この「疲れ目」は、パソコンなどの純粋な「目を酷使した」ことだけによって起こるのではなく、ストレスなどによっても起こる可能性があるからです。目は、もっとも多くの情報量を「摂取」する器官です。いたわってあげたいものですね。

目の疲労――――どうやったら回復できる?

疲れ目を回復するには、
・ 目の運動をする
・ 目を休める
・ 遠くを見る
・ ツボオシ
などなど、いろいろな方法があります。個人的にオススメなのが、「目を休める」というもの。お風呂に使ったとき、目をとじてゆっくりする。蒸気を使ったり、蒸したタオルでアイマスクをする。これはリラックス効果もあり、目の疲労だけでなく、心や体の疲労を軽減する効果もあるので、とても気に入っています。
他にも、
・ 禁煙
・ 食生活を見直す
・ パソコンのモニターの角度をかえたり、パソコン用のめがねを使用する
などの「環境を変える」という方法も非常に有効です。いろいろ試して、自分にぴったりのものを見つけたいものです。
また、他の部分の疲労と同じように睡眠はとても大事なものだということもお忘れなく。

 

マカでイキイキ美しく。こだわりのマカ。