【脳疲労回復】脳疲労の回復のために

脳疲労の怖さと肉体的疲労の違い

「脳疲労」という言葉は、「肉体的な疲労」に比べて知名度が低めです。しかしこの「脳疲労」は肉体的な疲労以上の怖さを持っています。
まず、脳疲労が悪化した結果としておこる症状に、うつ病や摂食障害などがあります。これらは長期化する傾向のある病気ですし、なかなか「完治」が難しいという欠点があります。また周囲の理解が得られにくいということも、大きなデメリットでしょう。
更に脳疲労は肉体的な疲労より自覚が遅れる、という問題もあります。肉体的な疲労は筋肉痛などによって比較的早く知覚できますが、脳疲労の場合それがとても難しいのです。くわえて脳疲労は蓄積されやすく、疲労の蓄積によってさらに感受性が鈍り、疲労を完治できなくなるという悪循環が生まれます。

脳疲労の回復を促す方法

脳疲労を回復させる方法として、「視覚をカットしてしまう」という方法があります。脳がうける情報の80パーセントは「視覚」によるものです。目隠しをしていると、この「情報の八割」がすっかりなくなってしまうので、脳にかかる負担はとても少なくなります。そのため、「目隠しをして食べる」という食堂まであります。
他にもアクション映画をみることや昼寝も効果的であるとされています。(尚昼寝は30分くらいがちょうどいい)
意識して「脳を回復させる」ように取り組むことはストレスの軽減にもつながりますから、ぜひ実践してほしいものですね!